ガイドの始まり。

今年で25年目を迎える弊社です。
少し昔のことをふりかえってみます。

もともと私は、「東京」の生まれで、この西表島には縁も所縁もない人間でした。
その私が、この地を訪れたのは30年ほど前のことです。その頃は、もちろん決起盛んな20代でした。大学を卒業するころに覚えたダイビングに魅了されて頭の中は、いつでも海の中の世界が広がっているような人間でした。高校時代と言えば、山岳部に所属して、授業をさぼっては「山中」をでっかいザックを背負っては、ピークハンティングをやる高校生でした。そんな男が西表島に降り立ったのは、社会人になって2度目くらいの夏休みでした。たしか、一年目は慶良間にダイビングに行き「シーサー」と言うショップにお世話になりました。その時は残念なことに、台風に追われて、満喫するほどのダイビングはできずじまい。それでも、慶良間の透き通った海の印象は忘れることができないものでした。それにこの時、隠し味になったのが、那覇のタクシーの運転手に連れて行ってもらった「ステーキハウス」ですかね。まぁ、貧乏サラリーマンには、最高の沖縄の味でしたねー。

さて、その一年後に計画したのが西表島移住計画でした。子供の頃からなぜか田舎で暮らしたいと言う当時にしては、おかしなことを言う子供でしたから、周囲は北海道から沖縄。それも西表島…。また、はじまったくらいの感覚でいたと思います。

そして、待望の西表島にやってきたのです。当時は、西表島の情報が東京では、まったくない時代でした。どんな所か、知るのにはダイビング雑誌が一番の有効手段。インターネットなど、ない時代でしたので本当に情報を収集するのに苦労をした覚えがあります。東京駅の近くに日本交通公社(JTB)が、旅行だけに特化した小さな図書館があり、そこに1冊の「西表島」と言う薄い小さな本を見つけて。その本をむさぼり読んだことを、ぼっーと覚えています。

さて、その頃の西表島の印象はと言えば、どこを見てもジャングルと言う一言でした。人が少ないとか観光客が少ないとか言う理由なのか?看板がないことに驚いていましたし、とにかく人工物のなさ。自然の圧倒的な迫力な中で人が暮らしていると言う印象が強いところでした。道路は今よりも狭く、両端のジャングルが覆いかぶさるようなイメージ。トンネルを連想させるほどの勢いで伸びていました。
夏ともなれば、真っ青な空に、紺碧の海、そして島を覆いつくす亜熱帯性の樹木。何もかもが東京。いや、内地とは違う世界が広がっていました。つづく

TEAM中神 会社概要

20年前に西表島で初めてカヌーツアーを開始

会社名有限会社エル・ビー・カヤックステーション
代表者中神 明(なかがみ あきら)
創業年月日平成4年 (1992年4月)
従業員数3名 (2012年9月現在)
住所〒907-1541沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116
電 話0980-85-6660
FAX0980-85-6678
URLhttp://lbks.jp/  http://iriomotecanoetour.ti-da.net/

TEAM中神企業コンセプト

 LBカヤックステーションは、地域に根ざしたエコツアーを提案することで、元気で明るい社会を築いていくことが私たちの使命だと考えています。

 西表島に残る雄大な自然資源を持続可能に利用していくこと、地域行事に積極的に参加することが地域社会への貢献だと考え、エコツーリズムを掲げ、推進しています。

 私たちが案内するフィールドも生活をしている場所も同じ西表島であり、フィールドだけが特別ではありません。ガイドを通じて西表島での生活を垣間見て、一緒に考えてもらうことが、ツアーにご参加いただいたひとりひとりの生活の中にある環境や社会の問題を考えるきっかけとなることを願っています。

 また、西表島にはこの自然を守り、文化を育んできた地域社会があり、地域に生きる人々が暮らしています。離島での不便な生活をみんなで助け合い、生き抜いてきた地域のコミュニティが存在しているのです。地域活動を通じて、知り合う島人との繋がりを大切にし、そこで気付きや学びを経て、自己の成長が促され、人として成長したガイドが経験や誇りを持って、より良いツアーを参加者に提供していけると考えています。特に「自己の成長」は重要と考えます。この地域には様々なところに、その要素はあります。LBカヤックステーションのプログラムにもその要素を加え、ガイドとして成長が出来るようにしています。
また、私たちが地域に根ざした活動を行うことで、地域が活性化され、暮らしよい島社会が生まれてくることが何よりの願いです。

 この地で培ってきた自己の成長による信頼、経験や知識により、西表島と旅行で来られた皆さまをより深く繋げ、社会全体を考えていく事になります。自然の雄大さを実感し、濃密な時間を過ごすことで生まれる畏敬の念は、実社会において、互いに相手を思いやる気持ちを育みます。文明に頼りきった社会に警鐘を鳴らし、人と自然がバランスよく生きられる世の中を目指しています。

 LBカヤックステーションは、西表島での自然体験プログラムを通じ、旅にこられた皆さまに元気やパワーを蓄えてお帰りいただくと同時に、身近に助け合うことができる地域コミュニティの重要性を訴え、優しい社会づくりを目指し提案していていきます。

西表島カヌーツアー写真

西表島カヌーツアー写真

西表島カヌーツアー写真

西表島カヌーツアー写真

エコツアーガイド募集要項・応募フォームはこちらから

TOPガイドの1日募集要項・応募フォーム会社概要

会社ロゴ